×

CATEGORY

CONTENTS

CATEGORY

トップページ»  高麗人参について

高麗人参について

高麗人参の歴史

高麗人参の歴史

日本に渡った高麗人参

日本と朝鮮は地理的に近いこともあり、2000年前から交流があり、神秘の霊薬、高麗人参が日本に渡ったのもその頃と考えられます。記録に残るものでは天平11年(739年)に渤海の文王が酷暑とともに高麗人参30斤を聖武天皇に贈ったのが最初になります。
その後も、朝鮮半島からは、ほぼ継続して日本に高麗人参が贈られてきます。足利時代、室町幕府にやってくる朝鮮の使節団は高麗人参を「国交贈品」として持ってきて、日本は「国交回礼品」として銀などで報いました。
長い歴史を通じて高麗人参は礼物、交易品として朝鮮半島から日本に入ってきますが、日本における高麗人参の栽培は徳川時代、八代将軍吉宗の時代にようやく始まります。享保14年(1729年)に初めて高麗人参の栽培に成功しました。

高麗人参の栽培の始まり

家康のころから日本において、高麗人参の栽培の努力がされましたが、高麗人参の種子の発芽の難しさが道を険しいものにしました。高麗人参の種は未成熟の状態ではまいただけでは芽が出ません。催芽処理を行って胚の成熟を促すことで発芽率が高まります。
八代将軍吉宗の頃に、高麗人参の栽培を積極的におし進め、享保14年(1729年)に日本での高麗人参栽培が成功しました。栽培が可能になると幕府は高麗人参の栽培方法を公開し、高麗人参の栽培を奨励しました。江戸時代後半には野州、松江、会津などが高麗人参栽培の中心地となりました。
高麗人参の成育に適する山間環境と、土質の好条件と当時志賀村の篤農家、神津孝太郎の辛苦と努力によって栽培が大きく発展し、今では全国の40%を占め海外にも輸出されています。

高麗人参の特徴

高麗人参の特徴

『学名』:panax ginseng 科名:ウコギ科
『日本名』:オタネニンジン
高麗人参は、古来より万病に効く万能薬として、漢方薬の王様として大切に利用されてきました。

主に、滋養強壮、疲労回復、冷え症の改善、血圧の安定化、抗酸化作用、免疫力向上などがあり、さらには更年期障害の症状緩和、抗ストレス、抗うつ、抗がんにも良い言われています。

利用方法は、根の部分を利用しますが、表皮を取り除かず蒸して乾燥させた紅参、表皮を取り除いて乾燥させた白参などにして、お湯で煎じて利用します。最近は、栄養ドリンクからシャンプーや石鹸、化粧品まで多くの製品に利用されています。
高麗人参の『有効成分』は、「サポニン」が有名ですが、そのサポニンは、正確にはサポニン配糖体のジンセノサイドという成分になります。ジンセノサイドにはいくつもの種類があり、Ra1、Ra2など実に30種以上にもなります。高麗人参にはその他にもビタミンやミネラル、アミノ酸などが豊富で、大地をぎゅっと凝縮したまさに「大地の恵み」そのものです。

高麗人参の成分は、即効性のものではありません。コツコツと少量を毎日続けることが元気の秘訣です。まずは2週間お試しください。

※健康食品ですが、容量、用法を守ってご利用されることをおすすめします。
※効果には個人差があります。
※高血圧の方、利用中に湿疹や下痢などの症状が出た方などは、かかりつけの医師の指示に従ってください。